ニュージーランド 日本 アメリカ
サンフランシスコ ゴールデンゲートブリッジ
憧れの海外生活
湖 山
 

Menu


トップページ
プロフィール
ニュージーランド紹介

ニュージーランド生活
アメリカ紹介

アメリカ生活
ブログ
留学支援
海外必須アイテム講座
留学準備情報
リンク集




アメリカ生活(体験談)

アメリカの大学

ニュージーランドの高校を卒業して、名残惜しみながら日本に帰ってきました。

ニュージーランドの学校は暦どおりのスケジュールになってて、11月か12月が年度末で1月か2月くらいに新学期なんですよ。四季も日本と逆なので丁度年末年始が夏休みになるので、すごく分かりやすいですよね。そんな感じで12月の始めの方には卒業して帰ってきて、アメリカの大学が8〜9月が新学期なので、半年以上あいちゃったので、のんびりと、とりあえず、18になったので自動車免許を取りながら、バイトで小遣い稼ぎをしました。

 

アメリカの大学を受けると言っても、アメリカには大学が3000だか4000校くらいあるんですよ!!アメリカの大学が全部載ってる電話帳みたいに分厚い本があるんですが、もう全部同じに見えてくるんですよね。。。1校づつ調べてたらキリがないので、とりあえず、どこの州に行きたいかを決めることにしました。

地図を見ると、一番日本に近くて、テレビとかにも良く出てくるカリフォルニアが目に付いたのでカリフォルニアに決めました!ニューヨークとかは遠いし、物価が高そうなイメージがあったので、やっぱり常夏のカリフォルニアだ!って思いましたね。今考えると、ハワイとかアラスカもアメリカなんですよね。。大学もあるし、、、でもそういうところって旅行で行くと楽しいけど、住んだらそんなによくもないのかな??

とりあえずそういうことで、カリフォルニア州立大学に決めました。カリフォルニア州立大学も州内に27校あるんですよ。それも学力レベルとか的にはそんなに差もないので、とりあえず、物価が安くて、日本人とかが少なそうな田舎を選ぼうと思って、カリフォルニア州立大学チコ校ということで、チコという、サンフランシスコの北東の方に位置する小さな町にある、大学を選んで申し込みました。

すべり止めみたいな感じでオクラホマの大学も受けました。オクラホマは何も無い州なので学費とか生活費もカリフォルニアよりダントツ安かったんですが、中部の方は差別とかもひどいし、将来的に自分自身日本で就職する可能性も考えていたので、ある程度の主要都市の近くとかって考えてたので、オクラホマの大学はなるべくなら行きたくないなとは思ってました。

幸運にも両大学から合格通知がきたので、めでたくカリフォルニア行きが決定しました!

 

第一印象

ニュージーランドでの生活を経験していたので、アメリカに行った時には、ニュージーランドに行った時ほど、カルチャーショックとかそういうのはほとんどなかったですね。チコも田舎なので、ニュージーランドと全然違うって感じでも無かったですし。

違いがあると言えば、アメリカの方が都会で、色んな人種が入り混じってるってとこですかね。都会って言っても、大都市があるけど、それ以外の場所はニュージーランドと変わらないくらい田舎で、きれいですけどね。

 

寮生活

住むとこも何もないまま、アメリカに渡って、最初の数日は大学のキャンパス内の寮に日払いで住まわせてもらいながら、住むとこをさがしてたんですが、本当に新学期が始まる直前にアメリカに行ったので、アパートとかはほとんど埋まってて、探すのが困難だったので、キャンパス外にある寮にとりあえず1年入ることにしました。

ニュージーランドもアメリカも馬鹿みたいに酒飲んでパーティーして騒ぐってとこは一緒ですね。日本も合コンだのなんだのあるから、パーティーの形式が違うだけで、やっぱり人間てどこの国でもやってることはそんなに違わないなって感じましたね。確かに日本人よりは他国の人の方が大雑把で豪快な人多いかなって感じですけど。

私は寮で二人部屋にはいったんですが、四人部屋とかもあって、狭い部屋でベッドがあるだけみたいな、あんな生活自分は嫌ですね。二人部屋っていっても一応部屋は別れてて、二部屋がつながってて、トイレとかが共同って感じで、四人部屋はそれと同じつくりのところに四人入ってるって感じなので二人部屋が二つあって、トイレとかを4人で使うって感じですね。四人部屋に遊びに行くのは楽しいんですけどね、自分がその部屋の住人じゃなくて良かったって思いました。

とりあえず、毎日のように馬鹿なことして遊んでたような気がしますね。

 

アパート

1年で寮はでて、それから卒業までの3年間アパート住まいでした。毎年一回、諸々の理由で引越してたので3つのアパートに住みました。チコは物価がすごい安いので月3〜4万くらい払って、ルームメートと一緒に住めば日本でいうマンションみたいな広くて綺麗なところに住めるんですよ。数人でハウスといって一軒家に住んでる奴らもいっぱいいましたね。とにかく日本じゃ考えられないような豪華な暮らしがあたりまえですね。向こうにいるときは普通に暮らしてたけど、日本に帰ってきてつくづく広い家に住みたい!!って思いますね。。

 

学校生活

アメリカの大学は入るのが簡単で出るのが難しい!という言葉をよく耳にしますが、ある意味本当である意味間違いですね。学校によって難易度の差はありますが、学部とかにもよりますね。

別に、なんでもいいからとりあえず卒業して学位がほしいって言うなら、そういう学部はいくらでもあります。そりゃーある程度の勉強は必要でしょうけど、学部によって忙しさの差はかなり激しいですね。同じ授業でも教授によって忙しさが違う授業とかもあるので、友達とか先輩から情報収集していい教授の授業を選ぶのも一つの手です。

それから、お金と時間があるなら、毎期クラスをちょっとしかとらないで、のんびりと単位をとっていって、卒業をするっていう手もあります。何年以内に卒業しなきゃいけないっていうルールとかはないので、ゆっくりやる余裕のある人はそんなこともできます。でも成績が悪すぎたりすると、向こうの学校はすぐに退学とかになる可能性があるのであんまりのんびりしすぎて、単位を落としたりするのは注意しないといけません。

日本の大学にいったことがないので、日本の大学の制度を良くしらないのですが、落としていい単位とかがあるんですかね?アメリカは基本的に単位落としたら成績に「F」(FAIL)ってつくんですが、Fが何個かつくと退学とか、なんか結構厳しいはずです。なので落としていい単位というものはまずありません。適当にいらないクラスとか取ったら落としてもいいのですが、一つでもFがつくと成績に響いて、危なくなってくるので、そういう無駄なことをしてる人はまずいませんしね。特に留学生は授業料とか高いから、無駄なクラスなんて取れないですからね。

 

人種差別

カリフォルニアは黄色人種も沢山いて、差別どころか、アジア人だろうがなんだろうがアメリカにいるやつらはアメリカ出身だと思ってるんじゃないかってくらいの奴らもいて、普通に英語がある程度しゃべれれば、サンフランシスコとかあそこらへんの出身だと思われちゃいます。英語しゃべれない日本人にも、普通に話しかけてくる人たちも多いですね。

普段カリフォルニアではそんなに差別を感じるようなことはないですけど、差別を感じたといえば、まず「パールハーバー」っていうハリウッドの映画を日本人の友達と見に行っちゃった時ですね。英語版だと結構日本に対してひどいこと言ってるんですよ、あの映画(日本語版は見たことないけど。。。)映画が終わったら、会場中が立ち上がってスタンディングオベーション!小さい子供達なんて「日本人のクソ野郎!」「アメリカが一番なのに逆らう奴らが悪い」とかって叫びまくってるんですよ。。ああいう映画を作るアメリカもイカンと思いましたね。実際にハリウッド映画の戦争物とか見ると、どこか他の国が敵で、そいつらをやっつけることでハッピーエンディングになってる映画が多いんですよね。アメリカは常に正義で、アメリカ以外が悪っていうシチュエーションが多いと思います。

それから9.11の戦争のテロの後は本当にひどかった。。。一日だけ学校が休みになって、次の日から再開したんですが、再開した日は授業をしないで、クラスの皆で輪になってディスカッションとかをしたんですが、変な宗教よりひどいと思いました。

だって文化交流とかのクラスで、他国と仲良く付き合うこととかを教えてる先生ですら、「善良なアメリカ人が何百人も殺された。アメリカが一番強いって言うことを見せ付けるべきだ。こっちが何百人も殺されたなら、百倍にして向こうの国のやつら、数万人を殺せばいい!」とかってすごい過激発言してて、血の気の多い男共も「Yeah!俺たちも中東のやつらを殺す為なら学校やめて軍隊に入る!」とか言ってすごい盛り上がってて。。。

中にはまともな女の子とかもいて、「そんなことしたらまた怨みを買って、向こうがアメリカを攻めてきたりして、殺し合いが始まるだけだから、そんなことしないほうがいい。向こうの国に爆弾を落としても、死ぬのは善良な人たちでしょ。」とかって言うんですが、「それなら二度と攻撃されないようにあっちの国の奴らを1人残らず皆殺しにすればいい!」「アメリカは世界で一番偉くて強いんだから、はむかう奴らは全員殺すべきだ」とかそういう言い合いが延々と続いてました。。。。こいつら本当に恐ろしいって思いました。考え方が本当にたちの悪い宗教よりもたちが悪いと思いました。自分たちがやることはすべて正義だって思ってる奴らは実際にいますね。。。優しいやつらは多いんですが、恐ろしい一面を持ってるやつらも多いってちょっと感じましたね。

留学、語学留学、オペア、インターンシップ等、留学の情報なら留学情報ナビ

ホームページテンプレート


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO